女の人

老人ホームで活用中の介護エプロン【スムーズな介護をするために】

必要不可欠なもの

笑顔の女性と男の人

介護用のエプロン

介護用エプロンという言葉を聞いて、食事介護を連想されるのは恐らく身近に介護を必要とする人がいるか、或いは老人ホームなどの介護福祉職に従事されているかではないかと思います。一般的に、介護用エプロンは介護をするときに着用するエプロンの意です。介護用エプロンの価格は、通常のエプロンとさほど変わりありません。1000円代〜3000円代位です。種類は非常に充実していますが、やはり通常のエプロンの方がよりバラエティーに富んでいます。そこで、介護用エプロンを通販で購入する人が近頃福山では増加しているようです。

使ったらどうなるの

介護エプロンを使用することで、私服が汚れてしまうことを防ぎます。一般的に、エプロンを着用するのは料理をするときが多いと考えられます。しかし、介護エプロンはその時に限られてはいません。例えば、福山市の小規模施設やグループホームなどの必要とされる介護が軽い施設では、食事を料理をするときに着用されます。介護エプロンを着用した職員と、自立度の高い高齢者が一緒に食事を作ることがあります。一方で、特別養護老人ホームなどの介護度が高い高齢者が大勢いる場所では、介護エプロンを用いた職員によって、食事が提供されます。つまり、職員が提供するのは料理の質ではなくて、食事を提供するという介護です。エプロンを着用することによって、ユニホームや私服の汚れを減少させられます。義務付けられている場合もありますが、そうでなくても活用すれば、介護が効率化します。

介護の仕事を楽にする

食事

介護職はお客さんのサポートだけでなく、お客さんが受けてサービスの内容を国に報告しないといけません。そのために多くの介護職で国保中央会介護伝送ソフトという介護職を簡単に行なうことができるソフトを導入しているのです。

Read More

ネットでプリントまで

男性とレディー

介護用エプロンは勤務している介護施設が大量に購入し、勤務者に配布するという形がとられていることが多いです。介護施設は、大量に購入することで施設名や施設のマークや色でエプロンを作成することができます。

Read More

経営者を支えるシステム

介護

介護の施設を開設したばかりの頃は、人件費を削減するために経営者が事務仕事を行なうことが多いです。その時に事務仕事を効率良く行なうために、介護システムを取り入れる施設が増えています。

Read More